Info Panel
You are here:   Home  /  批評  /  Martine Delaleuf, Presidente

Martine Delaleuf, Presidente

“Le Salon des Artistes Français”(:ル·サロン·デ·アーティスト·フランセ 芸術家展)は、新しい才能を紹介する一流の場を提供すると同時にフランス芸術史を永続させることを主な目的とする一方で、その数の多さと品質で今や数十年にわたり成功を成し遂げてきた数々のプログラムや展覧会を通して文化的野心の具現化に努めています。

「しばしば羨望の的であり、引く手あまたで、中傷されつつも、誰もが切望するこのサロンは、温かく、芸術家の期待に応える生きた力であり続けています。分野の多様性やトレンドの多彩さにかかわらず、フランス芸術家協会が永続しているのは、芸術家たちのエネルギーと才能、そして独立性の賜物なのです。」

2018年、受け継がれてきた「任務」は(公権力に依存していた最初のサロンの継承にふさわしい後継者である)我々のサロンにとって不可欠なものであり、その任務によって優先事項が決定されます。つまり新旧間での知識の伝達や現代の動きにおける伝統的技法の促進、専門知識の共有、未来への展望などです。」とフランス芸術家協会のマルティン·ドゥラルフ会長は語ります。

ル·サロンは「芸術史のカーソル」としての役割を確立しています。

ル·サロン·デ·アーティスト·フランセ は、一般の人々や評論家、類似機関から高い評価を受けた第228回展終了後も、芸術史に異なる様相を与えるような発見と出会いのある展覧会を通じて、そのアイデンティティを主張し続けています。3,000人以上の来場者(2014年から20%増)を数え、特に削ぎ落されてダイナミックであった前回展で証明されたように、確固とした方向性でさらに大きな成功を収めているのです。

  2018  /  批評  /  Last Updated 3月 10, 2018 by developer  /